パワハラに屈さないために

パワーハラスメントは会社での地位を利用して下の人間に理不尽を強要する行為ですが、セクシャルハラスメントも一種のパワハラであると見ることができます。特に女性の方であれば、セクシャルハラスメントによって多大な精神的ストレスを抱えてしまう機会も多いでしょう。このような許しがたい横暴には徹底して屈さないことが大切なのですが、現実的には生活費を工面したりしなければならない上に転職も簡単にはうまくいかないご時世ですので、どうしても躊躇せざるを得ない方が多数派という現状です。パワーハラスメントがエスカレートして社会問題化してしまう背景には、「転職を簡単にすることができない」という要素が大きく関係しています。「この会社を辞められないでしょ?」「代わりはいくらでもいる」と足元を見ながら傲慢な態度をとる卑劣な行為です。

そんなパワハラに対抗するために場合によっては法的手段に訴えるということも可能ではありますが、やはり労力とコストの問題を考慮すれば、もっと違う方法でアプローチしていくことが賢明です。まずは「会社をいつでも辞められる」ように転職先や貯蓄などを常に意識しておくこと、そしてそのことを臭わせながら毅然とした態度で上司と接することです。さらに会社にとってなくてはならない人材になることができていれば、尚更効果的となります。またあまりにも状況がひどいようであれば、労働基準監督署などに報告しておくことも忘れてはなりません。

Leave a Reply