互いを認め合う大切さ

女性の社会進出は既に普通のことになっていますが、いまだに一部の男性の間では女であるというだけで、差別や偏見、蔑視といったものを持っている人が存在しています。特に高齢の人ほどその傾向が強く、厄介なのは日本の社会は年功序列の制度で進んできたために、そういった人が上司となる可能性が高くなっているのです。その結果として生まれるのがパワハラやセクハラといったものとなり、女性を悩ませる原因となっているのです。

そして恐ろしいことにこれらは昔から続いていて、かつては今のように言葉として表面化することもなく、当たり前のように行われていたこともあるのです。それゆえそういった行いが言語化されて表面に出てきただけマシになってきているのかもしれませんが、それだけでは受ける女性の苦しみは減ることがないのです。大切なのは職場からそういったことを無くしていくことですが、これは制度の問題というよりも、個人の認識を改める必要こそ大事になってきます。男女で働いている職場はどこにでもありますが、必ずしもそういったトラブルが起こっているわけではなく、結局のところ人の思考そのものが重要となってくるのです。互いに認め合うこと、尊敬しあうことが大切になってきて、これまで隠されていた部分が表面化してきていることから改善はされてきているのです。それでもまだ十分とは言えず、互いをしっかりと知って尊重し合うこと、それこそが求められることになるのです。

Leave a Reply